Dialogue

Vocabulary

Learn New Words FAST with this Lesson’s Vocab Review List

Get this lesson’s key vocab, their translations and pronunciations. Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Notes

Unlock In-Depth Explanations & Exclusive Takeaways with Printable Lesson Notes

Unlock Lesson Notes and Transcripts for every single lesson. Sign Up for a Free Lifetime Account and Get 7 Days of Premium Access.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Transcript

Intermediate Lesson #84
INTRODUCTION
Natsuko: こんにちは、Natsukoです。
Naomi: Naomiです。
Peter: Peter here.
Natsuko: みなさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
Peter: Happy New Year.
Naomi: 今日から、2008年がスタートですよね。
Peter: 今年もよろしくお願いします。
Natsuko: よろしくお願いします。
Naomi: よろしくお願いします。
Natsuko: 「お正月」というのが、 New Year season, New Year holidays ということですね。
Naomi: はい。
Natsuko: アメリカとかでは、New Year's Dayだけがお休みで、あとはお休みじゃないと思うんですけど、日本はクリスマスよりもお正月New yearの休みが多いんですよね。
Naomi: お正月は家族のイベントですよね。
Natsuko: だから、普通の会社は1月3日ぐらいまではお休みですよね。
Peter: So in Japan, the New Year is a very important holiday and it is usually spent with families and that’s why most of Japan has off until the 3rd. 私たちは、なんでここにいるんでしょうね。
Natsuko: なんででしょうね。
Naomi: Peterさんは、何か今日プレゼントをくれるかもしれないですね。
Natsuko: あ、そうですね。
Peter: それはないですね。
Natsuko: 今日の会話にも出てきますよね。
Naomi: はい。今日はお正月によく聞く単語を紹介します。
Natsuko: 今日の会話は、おじいさんとおばあさんとDaichiくんと、Daichiくんのお母さんが話しています。
Naomi: ということは、4人ですね。
Natsuko: そうですね。
Peter: So this conversation is between grandpa, grandma, Daichi and Daichi's mother.
Naomi: Daichiくんは、小学生ぐらいですかね。
Natsuko: とにかくみんな家族なので、Casualな日本語を使って会話していますね。
Naomi: はい。場所は、おじいさんとおばあさんのおうちにいるようです。
Natsuko: じゃ、ちょっとお正月の様子を聞いてみましょう。
DIALOGUE
お正月
おじいちゃん: さぁ、みんなそろったかな。今日から新しい1年が始まるぞ。お屠蘇でお祝いしよう。
おばあちゃん: さぁ、どうぞ。おじいちゃんから。
おじいちゃん: 新年あけましておめでとうございます!
おばあちゃん: 新年おめでとうございます!
みんな: 新年おめでとうございます!
大地: お屠蘇、ぼくも飲んでみたいなぁー!
おじいちゃん: おっ!大地も飲んでみるか。ちょっとだけだぞ。
大地: ごく。。うぁ!ん!!ちょっと変な味だけど、甘いから、もっと飲みたい!!
おばあちゃん: だめだめ、甘くたってお酒なんだから!さぁさぁ、おせち料理食べましょう!
おかあさん: まぁ、こんなにいっぱい作るの、大変だったでしょ。
おばあちゃん: おせち料理は縁起ものだからね。1年間マメに働き健康に暮らせるように黒豆食べてよ。
大地: じゃぁ、おじいちゃんとおばあちゃんは、この海老食べて長生きしてね。
おばあちゃん: やさしいねぇー、この子は。。。ううう。。。
大地: だって、おばあちゃんとおじいちゃんから、ずーっとお年玉もらいたいんだもん!
おばあちゃん: なんだ、目当てはお年玉かい!しょうがないねぇ。はい、お年玉。はい、おにいちゃん。はい、大地。
大地: ありがとう!! ねぇ、おにいちゃんのぽち袋触らせて!あれ、僕のより薄いよ!!わーい、僕の方がいっぱい入ってるんだ。わーい、わーい。
おばあちゃん: 大地は、まだまだ子どもだねぇ。
Naomi: 次は、英語が入ります。
おじいちゃん: さぁ、みんなそろったかな。今日から新しい1年が始まるぞ。お屠蘇でお祝いしよう。
So we are all gathered here. A New Year will start as of today. Let’s celebrate it with our Otoso.
おばあちゃん: さぁ、どうぞ。おじいちゃんから。
Go ahead. You should drink first since you are grandpa.
おじいちゃん: 新年あけましておめでとうございます!
Happy New Year.
おばあちゃん: 新年おめでとうございます!
Happy New Year.
みんな: 新年おめでとうございます!
Happy New Year.
大地: お屠蘇、ぼくも飲んでみたいなぁー!
I want to drink Otoso, too.
おじいちゃん: おっ!大地も飲んでみるか。ちょっとだけだぞ。
Oh, Daichi, you want to drink some, too? Okay, just a little bit.
大地: ごく。。うぁ!ん!!ちょっと変な味だけど、甘いから、もっと飲みたい!!
Wow! Umm it tastes strange but it’s sweet. So I want to drink more.
おばあちゃん: だめだめ、甘くたってお酒なんだから!さぁさぁ、おせち料理食べましょう!
No, you can’t. It may be sweet but it’s still alcohol. So let’s eat some o-sechi (an assortment of traditional New Year's food).
おかあさん: まぁ、こんなにいっぱい作るの、大変だったでしょ。
Wow! It must have taken a lot of work to make this much.
おばあちゃん: おせち料理は縁起ものだからね。
O-sechi brings good luck.
1年間マメに働き健康に暮らせるように黒豆食べてよ。
Please eat some black soybeans so you can stay healthy and you will be able to work diligently throughout the year.
大地: じゃぁ、おじいちゃんとおばあちゃんは、この海老食べて長生きしてね。
Then grandma and grandpa should eat this shrimp so they can live a long life.
おばあちゃん: やさしいねぇー、この子は。。。ううう。。。
Oh, you are such a nice little boy.
大地: だって、おばあちゃんとおじいちゃんから、ずーっとお年玉もらいたいんだもん!
Well, I want to get my Otoshidama (pocket money given to kids on New Year's Day) from you guys forever.
おばあちゃん: なんだ、目当てはお年玉かい!
Oh! So you are after o-toshidama, eh?
しょうがないねぇ。はい、お年玉。はい、おにいちゃん。はい、大地。
Oh well, here it is your Otoshidama. This one is for your older brother and this one is for you, Daichi.
大地: ありがとう!!
Thank you.
ねぇ、おにいちゃんのぽち袋触らせて!
Hey, let me feel my brother’s envelope.
あれ、僕のより薄いよ!!わーい、僕の方がいっぱい入ってるんだ。わーい、わーい。
Hey, it’s thinner than mine. Yeay, I get more than he does….
おばあちゃん: 大地は、まだまだ子どもだねぇ。
Oh dear! Daichi is still a child, isn’t he?
POST CONVERSATION BANTER
Natsuko: Naomiさん、今日の会話はどう思いましたか?
Naomi: いいな、お年玉。私もほしいな、Peterさん。
Natsuko: 私もお年玉下さい。
Naomi: 下さい。
Peter: じゃ、ちょっと待って。じゃ、100円ずつはどうですか?
Naomi: えーとね、Peterさん、お年玉の意味わかってないよね。
Natsuko: うん、ちょっとね。
Naomi: お年玉は、New Year's Giftね。
Peter: Yeah.
Naomi: Money gift.
Peter: I am giving you ¥100 each.
Natsuko: まぁ、でも普通は大人が子供にあげるものなんですよね。
Naomi: そうですね。
Peter: And of course the amount is much more than ¥100
Naomi: 今いくらぐらいなんでしょうかね。
Natsuko: これは、かなりおうちによっても違うと思いますし、Giftなんで Very private custom だと思いますから It really varies. 子供の年齢にもよると思います。
Peter: そうですか?Naomi先生とNatsuko先生、いくらもらいましたか?子供の時。
Naomi: 小さい時は、3000円ぐらい、ひとりから。大きくなってくると、5000円。中学校ぐらいになると、1万円ぐらいもらってたような気がします。
Peter: いいですね。 That’s really nice.
Naomi: でもそんなにたくさんにはもらえませんよ。親戚の人なんで。
Natsuko: うちは厳しかったので、私はほとんどお年玉はもらいませんでした。
Peter: あ、そうですか。
Natsuko: My parents didn’t like children receiving money. So it was kind of very strict.
Naomi: 私もお金をもらっても、全部お父さん、お母さんに取られてました。
Natsuko: 貯金してたりするんですよね。「お年玉の分よ」とか言って。
Naomi: I am not sure. Maybe they just spent it.
Natsuko: There you go. ま、いろいろです。
Peter: ご両親は間接的にもらいました、ということですね。
Naomi: My parents had to give money to their nephew or niece.
Peter: Ah…
Naomi: Eat too so…
Natsuko: So it’s basically the same thing.
Naomi: そう、お金が回ってるだけなんです。同じお金が。
Peter: Just the same thing going around.
Natsuko: Yes.
Peter: じゃ、Japanesepod101.comお年玉をあげたほうがいいですね。
Naomi: リスナーに?
Peter: はい。
Natsuko: 誰に?
Naomi: 何をあげるんですか?
Peter: 何あげようかな? We should give them
Naomi: Peterさんの写真とか
Peter: Naomi、そのままあげようと思った。 I was thinking, we will send Naomi to your place for one month.
Naomi: You have enough.
Peter: Japanese cooking, cleaning everything. So for all the kids out there or anybody with kids, you can leave a message in today’s comments. We will wait one week to get all the comments. Then from those comments, we will choose two winners and they will each get a six-month premium subscription.
Natsuko: あ、すごくいいお年玉ですね。
Peter: いいですね。So stop by japanesepod101.com and leave us a comment. Kids only お願いします。
VOCAB AND PHRASE USAGE
Natsuko: それでは、今日のVocabularyに行きましょう。最初は、おとそ
Peter: New Year Sake. Spiced Sake.
Natsuko: この、「おとそ」というのは、 New Year Holiday のときに特別に飲むお酒ですよね。
Naomi: そうですね。おとそを正月以外に飲むっていうことは、あんまりないかもしれないですね。
Natsuko: そうですね。たぶん I think it is part of a ritual.
Naomi: New Year's DayにShrineに行くと、おとそがもらえたりしますね。
Natsuko: あ、そうですね。
Peter: So if you go to a shrine on New Years, this is something that you would get there.
Natsuko: Yes and when you drink the Sake on the New Year’s day, it’s supposed to keep you healthy for the whole year.
Peter: And you are supposed to have one cup of it, just one cup or?
Natsuko: Just one sip.
Peter: One sip.
Natsuko: そんなにおいしいもんじゃないから、ごくごく飲まないですよね。
Naomi: うん、おいしくはないですね。次は、おせちりょうり
Peter: Traditional Japanese New Year’s dish.
Naomi: これ、普通は12月におせち料理を作りますよね。
Natsuko: We prepare Osechi-ryori during December.
Naomi: Yeah we don’t cook Osechi-ryori in January.
Peter: What’s in it exactly? Is it 決まってますか? or is it, you can make it many different things?
Natsuko: I think it depends on households and regions, what you prepare but there are some very popular dishes included in おせち料理。
Naomi: And we are going to take a look at some of them. 次は何でしょう。
Natsuko: えんぎもの
Peter: Bringer of good luck, good luck charm.
Natsuko: これもすごく日本的な考え方だと思いますけど、よく使いますよね。
Naomi: 使いますね。
Natsuko: 「縁起」というのが、Good Luckというような意味ですね。ですから、縁起物Something with good luck というTranslationになるでしょうかね。
Naomi: おせち料理は縁起物なんですよね。
Natsuko: そうですね。 It’s supposed to bring you very good luck for the entire year.
Naomi: たとえば、 For example in Osechi we have Ebi.
Natsuko: Shrimp.
Naomi: And Ebi、The shrimp’s back is bent like old people. So Ebi symbolizes long life.
Natsuko: I think this is also idea fairly common in China. Isn’t it? I think it comes from the Chinese culture.
Peter: That’s right.
Naomi: That’s why the kid said, エビ食べて長生きして。
Natsuko: あ、そうですね、言ってましたね。 in the dialogue.  次は、まめに
Peter: Often, sparing no pain.
Natsuko: 「まめに」というのはAdverbですね。で、「まめな」がAdjective、and it means dedicated or organized or it’s usually used to express someone’s character.
Naomi: たとえば、Natsukoさんはまめですね。means Natsuko is an organized person.
Natsuko: ほんとは違うんですけどね。
Naomi: Sample Sentenceですね。次は、くろまめ
Peter: Black soybeans.
Naomi: 簡単ですよね。
Natsuko: そのままですね。
Naomi: 黒い豆 black beans.
Peter: In Japanese culture, black is believed to drive evil spirits away.
Naomi: まめ
Natsuko: ひとつ前のVocabularyで出てきましたよね。。
Naomi: あー、そうですね。Beansという意味ですよね。
Natsuko: だけど、同じPronunciationで、「まめに」というのが、Often とかOrganizedという意味になるので、これは、It’s like a pun.
Peter: Play on the word まめ
Natsuko: Yes, so double meaning.
Peter: Hah interesting.
Naomi: 次は何でしょう。
Natsuko: ながいき
Peter: Longevity, long life.
Natsuko: 長く生きる Live long という意味ですね。
Naomi: 長生きする、長生きする、だと verb になります。私の祖母は長生きしました。125歳まで生きました。
Peter: My grandma lived the long life. She lived until age 125.
Natsuko: どこの人ですか?
Naomi: すごいですね。次は、めあて
Peter: Purpose, aim.
Naoi: 何が目当てですか?
Peter: What do you want?
Natsuko: これは、どっちかというと、ちょっとNegativeなNuanceで使われますね。 Expecting for some kind of benefit という感じですね。次は、ポチぶくろ
Peter: A small envelope for putting money in.
Natsuko: これは、もうほとんどお年玉専用 Exclusive for お年玉、という感じですね。
Naomi: そうですね。「ポチ」は 、たぶんこれは、これっぽっちSuch a small amount から来てると思います。で、「袋」というのは、「ぶくろ」になってますけど、「袋」というのはBagです。
Natsuko: まぁ、お年玉に限らず、何か、誰かにCashを渡したいときに、こういう小さなEnvelopに入れて渡すことが多いですね。
Naomi: かわいいポチ袋、たくさん売ってますよね。
Natsuko: そう、特に12月の終わりぐらいになると、Stationary Storeとか、あとコンビニなんかでも売ってますよね。
Naomi: うん、とってもかわいいです。次は、うすい
Peter: Thin, watery, diluted.
Naomi: これ、反対の言葉があります。うすいThinの反対は、厚いThickになります。
Natsuko: でも When you are talking about liquid, then the opposite will be 濃い
Naomi: たとえば、濃いスープ Thick soup 薄いスープ、というと
Peter: So when talking about the consistency, it can mean watery. When talking about the taste, it can mean a very delicate taste.
Natsuko: 薄い味、濃い味なんて言いますね。
Naomi: 「薄い」の意味に注意しておいて下さい。
Peter: 注文するときに、薄めと濃いめ Strong or weak.
Natsuko: そうですね。それはTasteのときに使う表現ですね。
Naomi: ラーメン屋さんとかでたまにね、使ったりしますね。
Peter: あと、お酒を注文するときに
Naomi: Ah you mean at the snack?
Natsuko: あ、なんだ。水割り作る時ね。

Lesson focus

Naomi: 今日の文法は、たって
Peter: Which is the colloquial version of ても meaning even if.
Natsuko: 今日の会話では、たとえば、甘くたってお酒なんだから
Peter: Even if it’s sweet, it’s still alcohol.
Natsuko: これは、甘くてもお酒なんだから、と同じ意味ですよね。 Even if という意味になるわけです。
Peter: Natsukoさん、この文法「たって」、誰もが使ってますか?
Natsuko: 女性が使うことが多いですよね。
Naomi: Colloquialというふうに、Peterさんが言ってましたけども、非常にCasualです。
Natsuko: And slightly feminine.でも男の人も使いますけどね。
Naomi: Sample Sentenceがありますね。泣いたって許さない
Peter: I will never forgive you even if you cry.
Natsuko: おいしくたって肉は食べない。
Peter: I won’t eat meat even if it’s tasty.
Naomi: Vegetarianなんでしょうかね。今日はお正月なので、Happy New YearのいろいろなVersionを練習してみましょう。まずCasualだったら、「あけましておめでとう。今年もよろしく。」友達に使えますよね。少していねいになると、どんなふうに言いますかね?
Natsuko: あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
Naomi: 相手によって、是非使い分けて下さいね。
Peter: And what about very formal? 一番ていねいは?
Naomi: 「お願いします」を「お願いいたします」に直すだけですね。
Natsuko: これは、ビジネスの場面なんかでも使える表現になりますね。「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。」 second partを、「年もよろしくお願いいたします。」
Peter: いいですね。「本年も」
Natsuko: もうひとつ、さらにPoliteになると、「本年もよろしくお願い申し上げます」なんていう言い方もありますね。
Naomi: 申し上げる is a humble expression.
Natsuko: だから、 extremely polite という感じになりますね。
Naomi: そうですね。

Outro

Peter: では、今年もよろしくお願いします。
Naomi: よろしくお願いいたします。
Natsuko: よろしくお願い申し上げます。

Grammar

Japanese Grammar Made Easy - Unlock This Lesson’s Grammar Guide

Easily master this lesson’s grammar points with in-depth explanations and examples. Sign up for your Free Lifetime Account and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Kanji

Review & Remember All Kanji from this Lesson

Get complete breakdowns, review with quizzes and download printable practice sheets! Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

29 Comments

Hide
Please to leave a comment.
😄 😞 😳 😁 😒 😎 😠 😆 😅 😜 😉 😭 😇 😴 😮 😈 ❤️️ 👍

JapanesePod101.com Verified
January 1st, 2008 at 06:30 PM
Pinned Comment
Your comment is awaiting moderation.

皆様、新年おめでとうございます! Happy New Year! We hope everyone is enjoying the holidays. Here at JPod World Headquarters in Tokyo, we're enjoying a long awaited holiday vacation with our families and loved ones. We had a lot of fun with each and every one of you during 2007 and we're truly looking forward to every day with you again in 2008! From everyone at JapanesePod101.com!

Kyle
July 18th, 2018 at 11:22 AM
Your comment is awaiting moderation.

Hey! This is my first comment ever. Lately I've been confused about the meaning of ても and でも when talking about "even if" situations. For example, is the meaning of 1日でも早く仕事を辞めたい "I want to quit my job as soon as possible"? Also, other sentences like 1秒でも長く一緒にいたい. Is it possible to get more examples of this type of grammar using でもwith an い-adjective? Thanks!

JapanesePod101.com Verified
February 24th, 2014 at 05:05 PM
Your comment is awaiting moderation.

cawaey-san,

you mean かった (katta) which you might aften hear after words?

If so, it could be a part of past tense of i-adjective like たのしかった (tanoshikatta)

and あつかった (atsukatta).

Hope this make sense. If you've got further questions, please feel free to ask us! :wink:


Natsuko (奈津子),

Team JapanesePod101.com

cawey
February 22nd, 2014 at 05:31 PM
Your comment is awaiting moderation.

Jea!!! I gotta a queston as wells かた or かつた in sentences (i'm not sure how its spelled) and i'm constantly hearing it with the question of "is that placed after an adverb like the same idea as ます?" I'm really curious and I hope that makes sense:stuck_out_tongue_winking_eye:. I plan to move to Japan in July and I have been studying it for over 2 in a half yrs.

Bukoku
September 9th, 2011 at 04:05 AM
Your comment is awaiting moderation.

このレッソン覚えてるよ。日本に居る間に聴くのは記憶してます。けど今流すと季節はずれ・・・それにしても長いレッソンありがとう。あの頃ちょっと思い出すね。あの時期はけっこうしんどいけど、どうやら暮らし続けた。東京は暮らしつらい点があると思いません?本当に引き込むぐらい気分になってしまった。性格が暗くなったし。アサヒビールに助けた、僕。

Martin
April 16th, 2010 at 11:50 PM
Your comment is awaiting moderation.

Whoa! These folks are scary! They make me appreciate my parents in law! This dear old ojiichan and obaachan are clearly in their late 90s, ojiisan lost his teeth a few years ago, and obaachan has been sneaking a bit too much of the otoso!


Now, the real scary part is this: I'm an ojiichan, I have five grandkids, and I wonder if I sound like those folks to my kids and grandkids! Just the thought of it is throwing me for a loop! Is there any hope? I ride a mountain bike into and out of town, and speak in public quite a bit, but... am I just fooling myself? Am I really one of THEM? HELP!

マーキースター
January 7th, 2008 at 01:21 AM
Your comment is awaiting moderation.

hehehehehehe, あの子は超オタクじゃん!

annie
January 6th, 2008 at 10:30 PM
Your comment is awaiting moderation.

マーキースター さん、

Actually, I find that heaps of younger girls (elementary and jr high) use 僕. In the Tokyo area, at least, it seems to be trendy. That, and referring to themselves in the 3rd person.

maxiewawa
January 5th, 2008 at 10:28 AM
Your comment is awaiting moderation.

Anyone interested in new years' greetings written by real live Japanese people, come over to http://www.englishpod101.com/2008/01/01/happy-new-year-and-happy-holidays/?lan=english#comment-308 .


I hope EPod and JPod listeners can converse more in the new year. If you feel you want to [i]use[/i] your Japanese with a group of Japanese people, EPod is ideal!

maxiewawa
January 5th, 2008 at 10:21 AM
Your comment is awaiting moderation.

もん is a statement ending particle used by girls and kids. It's used to emphasise what they've said. It's a little bit cute, which is why men don't use it so much.

マーキースター
January 5th, 2008 at 12:42 AM
Your comment is awaiting moderation.

katafeiさん、girls don't use 僕 - if they do, they're being strange or pretending to be boys. :mrgreen: