Dialogue

Vocabulary

Learn New Words FAST with this Lesson’s Vocab Review List

Get this lesson’s key vocab, their translations and pronunciations. Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Notes

Unlock In-Depth Explanations & Exclusive Takeaways with Printable Lesson Notes

Unlock Lesson Notes and Transcripts for every single lesson. Sign Up for a Free Lifetime Account and Get 7 Days of Premium Access.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Transcript

Intermediate Lesson #55
INTRODUCTION
Natsuko: 第57回中級レッスン、こんにちは、Natsukoです。
Sachiko: Sachikoです。
Natsuko: 今週も、Murakami Agnesさんの就職活動のお話ですね。
Sachiko: はい。ようやく第1次面接通ったみたいで、次は社長と面接ですよね。
Natsuko: あ、そう言ってましたよね。
Sachiko: はい、社長に呼ばれました。
Natsuko: うーん、どうなってしまうんでしょう。
Sachiko: はい、楽しみですね。
Natsuko: Agnesさん無事この会社に就職できるんでしょうか。
Sachiko: わ、わくわく。
Natsuko: じゃ、ちょっと聞いてみましょう。
DIALOGUE
アグネス: 失礼します。本日、社長に面接をしていただく予定の村上アグネスです。お昼をご一緒するとうかがっているんですが。
受付の女性: はい、奥の社長室へどうぞ。
(ドアをノックする)
アグネス: 失礼します。
藤本社長: あ、君!ちょうどよかった!そこの塩を取ってくれ!
アグネス: は?こ、これですか?
藤本社長: そうそう!よし、これでばっちりだ!ああ、君が村上アグネス君?
アグネス: はい...あの...。
藤本社長: 社長の藤本だ。よろしく。まあ、座って座って。
アグネス: このテーブルのところでいいんでしょうか?
藤本社長: そうそう、そこ。実は僕は料理が趣味なんだ!料理をしているとデザインのインスピレーションも湧くんだよ。今日は君に僕の手料理を食べてもらおうと思ってね。
アグネス: だから、社長室にキッチンがあるんですか?
藤本社長: そうそう。なかなかいい設備だろう?南フランスのレストランっぽいデザインにしてみたんだ。
アグネス: え、ええ。このデザインなんか、素敵ですね。
藤本社長: おお、これに注目するとは、なかなか芸術家っぽいセンスがあるね!デザイナーとして見所があるぞ!
アグネス: 本当ですか?
藤本社長: うん、でも肝心なのは料理を味わうセンスだな。まあ、これを食べてみてくれ。最近の自信作なんだ。
アグネス: はい、いただきます!
藤本社長: どうだい?ソースの隠し味がわかるかな?
アグネス: とても美味しいです。えーと...この黄色っぽいの、なんでしょう...。ショウガかしら?
藤本社長: 正解だ!すばらしい!君、いいセンスをしているよ!採用だ!
Natsuko: 次は英語が入ります。
アグネス: 失礼します。本日、社長に面接をしていただく予定の村上アグネスです。お昼をご一緒するとうかがっているんですが。
Excuse me, my name is Agnes Murakami. I am scheduled to meet with President Fujimoto today. I was told I would accompany him for lunch.
受付の女性: はい、奥の社長室へどうぞ。
Yes of course, please proceed to the president’s office in the back.
アグネス: 失礼します。
Excuse me.
藤本社長: あ、君!ちょうどよかった!そこの塩を取ってくれ!
Oh you there, perfect timing. Get me the salt over there.
アグネス: は?こ、これですか?
What – ah, you mean this?
藤本社長: そうそう!よし、これでばっちりだ!
Right. Yes, that’s perfect.
ああ、君が村上アグネス君?
Ah – Are you Agnes Murakami?
アグネス: はい...あの...。
Yes I -
藤本社長: 社長の藤本だ。よろしく。まあ、座って座って。
I am president Fujimoto, nice to meet you. Well, have a seat, have a seat.
アグネス: このテーブルのところでいいんでしょうか?
Shall I sit around this table?
藤本社長: そうそう、そこ。実は僕は料理が趣味なんだ!料理をしているとデザインのインスピレーションも湧くんだよ。今日は君に僕の手料理を食べてもらおうと思ってね。
Yes, right there. The truth is cooking is a hobby of mine. I get inspiration for design when I am cooking. I thought I’d ask you to try my cooking today.
アグネス: だから、社長室にキッチンがあるんですか?
Is that why there is a kitchen in the president’s office?
藤本社長: そうそう。なかなかいい設備だろう?南フランスのレストランっぽいデザインにしてみたんだ。
That’s right. Not a bad facility eh…I designed it to look like a restaurant in Southern France.
アグネス: え、ええ。このデザインなんか、素敵ですね。
Well the design here is wonderful. Isn’t it?
藤本社長: おお、これに注目するとは、なかなか芸術家っぽいセンスがあるね!デザイナーとして見所があるぞ!
Aaha! For you to notice the design of that particular plate shows that you have artistic talent. You are a promising artist.
アグネス: 本当ですか?
Really?
藤本社長: うん、でも肝心なのは料理を味わうセンスだな。まあ、これを食べてみてくれ。最近の自信作なんだ。
Aaha! But the most important thing is the sense of taste for distinguishing ingredients. Here, try this. It’s my specialty.
アグネス: はい、いただきます!
Thank you.
藤本社長: どうだい?ソースの隠し味がわかるかな?
What do you think? Can you tell what the secret ingredient is?
アグネス: とても美味しいです。えーと...この黄色っぽいの、なんでしょう...。ショウガかしら?
It’s delicious. This yellowish thing, what is it? Is it Ginger?
藤本社長: 正解だ!すばらしい!君、いいセンスをしているよ!採用だ!
That’s correct. Wow! You have a good sense of taste. You are hired.
POST CONVERSATION BANTER
Natsuko: Sachikoさん、今日の会話どう思いましたか?
Sachiko: すっごく不思議な社長ですね、これ、どう思っていいんだか。
Natsuko: Kind of a weird person.
Sachiko: Yeah bordering on strange and weird ちょっとね。 I guess this is what we call 個性的 which we covered in the last lesson.
Natsuko: In quotation.
Sachiko: In quotation. You can see us doing this, but we are doing the quotation gesture.
Natsuko: Umm no wonder.
Sachiko: Yeah so 個性的 is the word you want to use when someone is unique but also if he is a little bit strange too, you can say 個性的 as we covered in last week.
Natsuko: うん、なるほど。
Sachiko: I really relate to Agnesさん、 because I have had many corky supervisors like you don’t even want to know.
Natsuko: Many?
Sachiko: Many.
Natsuko: Not only one.
Sachiko: Oh my goodness! No. I had an alcoholic boss who would ruin everything we did in the past 3 hours like every single day he would just ruin whatever it is we did. He is awful.
Natsuko: Oh, oh, oh my god! You are going to go on forever.
Sachiko: Oh yeah. Stop me!
VOCAB AND PHRASE USAGE
Natsuko: じゃ、ちょっとこの辺にしておいて、VocabularyとPhraseに行きましょう。
Sachiko: はい、行って下さい。
Natsuko: 最初のPhraseは、ごいっしょする
Sachiko: A polite way to say go together.
Natsuko: これは、「一緒(いっしょ)」という言葉がTogetherの意味なんですよね。おもしろいExpressionなんですけれども、「一緒」というのがVerbのように使われるわけです。
Sachiko: そうですね。
Natsuko: 「する」がつくので。じゃ、例文に行きましょう。駅までご一緒していいですか?
Sachiko: May I go with you to the station?
Natsuko: とてもていねいな聞き方ですね。
Sachiko: そうですね。
Natsuko: 次のキーワードは、しゃちょうしつ
Sachiko: President’s office.
Natsuko: 「室(しつ)」というのは、これはRoomという意味なんですね。
Sachiko: はい。
Natsuko: だから、会社には他にもいろんなRoomがありますよね。
Sachiko: 大きい会社ならばね。
Natsuko: そうですね。Japanesepodにはないかな。
Sachiko: ないかな。
Natsuko: たとえば、会議室(かいぎしつ)
Sachiko: Conference room.
Natsuko: 「会議」というのがMeeting、Conferenceの意味ですからね。喫煙室(きつえんしつ)
Sachiko: Smoking room.
Natsuko: これは、確か前にも出てきましたよね。
Sachiko: ありましたね。
Natsuko: ホテルなんかにもありますね、最近は。
Sachiko: はい。
Natsuko: で、この「室」はSpecific Roomのことだけではなくて、たとえば、英語のofficeと同じように使われることもありますね。別にRoomがそこにあるわけではなくて、
Sachiko: そうじゃなくて。
Natsuko: そういうUnitが
Sachiko: OrganizationとかEntityがある
Natsuko: あるということですね。たとえば、災害対策室(さいがいたいさくしつ)
Sachiko: Disaster prevention office
Natsuko: 日本ではよく聞きますね、これは。
Sachiko: よくありますね。災害多いですから。
Natsuko: そうですね。ですからこういうふうに、「室」という言葉の前にいろいろ付いて、それがRoomやOfficeの説明になっているわけです。
Sachiko: ですから、Sachikoの部屋は、「Sachiko室」です。え、うそ。
Natsuko: うん?
Sachiko: それは、ちょっと無理がありましたね。
Natsuko: はい、次のExpressionは、ちょうどよかった
Sachiko: It was the perfect timing.
Natsuko: この「ちょうどいい」という表現は、会話ではTiming として使われてたんですけれども、TimingだけじゃなくてJust ●●(00:08:53)とかPerfectとかそういうときに使われる言葉なんですよね。
Sachiko: そうですよね。食事の辛さがちょうどよかった、とか
Natsuko: あー、量がちょうどよかった
Sachiko: 甘さがちょうどよかった、量がちょうどよかった、なんでも使えますね。
Natsuko: そうですね。じゃ、ここでExampleの会話をひとつあげてみます。
Sachiko: 今晩、映画を見に行かない?
Natsuko: ちょうどよかった。会議がキャンセルになったんだ。
Sachiko: Would you like to go see a movie tonight?
Natsuko: Perfect timing, the meeting was canceled.
Sachiko: 会議がキャンセルされたから、ちょうどよかったわけですね。
Natsuko: 「ちょうど」というのがJustの意味で、「いい」がGoodなので、
Sachiko: 合わせて、Perfect timing.
Natsuko: そう、そういう感じですね。次のキーワードは、インスピレーション
Sachiko: Inspiration.
Natsuko: これ、もともと英語ですよね。
Sachiko: そのままですね。
Natsuko: そのままなんですけど、カタカナの発音になるので、少し聞き取りずらいかもしれません。気を付けて下さい。これ、Inspireっていう動詞よりもInspirationというNounで日本語では使われることが多いので、ですから、Being Inspiredは、インスピレーションがわく、とか、インスピレーションを得る、なんていうふうに言います。
Sachiko: And they could be translated as roughly inspiration flowing out or obtaining inspiration.
Natsuko: そうですね。なんとなくNuanceはわかると思います。例文を行きます。彼は散歩の時に見た風景からインスピレーションを得たようです。
Sachiko: He says he was inspired from the scene when he saw while taking a walk.
Natsuko: 次のキーワードは、せつび
Sachiko: Facility, fixture, furnishing.
Natsuko: これもビジネスのシーンでよく出てくる言葉ですね。
Sachiko: そうですね。
Natsuko: じゃ、例文を行きます。あの野球場は設備がすばらしい
Sachiko: The facilities of that baseball stadium are fascinating.
Natsuko: 景気がよくなって会社の設備投資が増えています。
Sachiko: The economy is picking up and the company’s capital expenditure is growing.この場合は、「設備」はCapitalというふうに訳されてますね。
Natsuko: そうですね。Capital expenditureというのはたいていfacilityとかに使われるExpenditureなので、こういうふうに使われるわけです。次のキーワードは、げいじゅつか
Sachiko: Artist.
Natsuko: 「家(か)」というのは、これは「家(いえ)」という漢字なので、Houseのことなんですよね。
Sachiko: はい、でも意味は違いますね。
Natsuko: そうですね。これは、Expertを意味する言葉でよく使われるんです。
Sachiko: じゃ、芸術のExpertだから、芸術家
Natsuko: Artist.
Sachiko: Artist.
Natsuko: そういうことですね。
Sachiko: 他に似たような単語ありますか?「家(か)」で終わる
Natsuko: たとえば、専門家(せんもんか)ってよく使いますね。
Sachiko: This means expert, authority or professional.
Natsuko: じゃ、「芸術家」を使った例文を行きます。レオナルドダヴィンチは、偉大な芸術家だ。
Sachiko: Leonardo da Vinci is a great master of art. 確かにそうですね。私も大のファンです。
Natsuko: 私もです。次のキーワードは、みどころ
Sachiko: Good points, promising points.
Natsuko: これ、「見る」という漢字、See、意味ですね。
Sachiko: はい。
Natsuko: それに、「ところ」は placeです。
Sachiko: So the nuances maybe close to notable points or a highlight.
Natsuko: そうですね。ですから、人じゃなくて物に使うような場合には、たとえば、ShowのHighlightとか、あとはWhen traveling, sightseeing spots で、 where you must see landmarks そういうような意味にも使われるんですね。
Sachiko: 東京のみどころはどこでしょうか?
Natsuko: たとえば、東京タワー
Sachiko: そうですね、やはり。
Natsuko: 六本木ヒルズ?それとも。
Sachiko: あー、でも最近日本に来た人ならわかるけど、昔来た人はわからないでしょうね。
Natsuko: あ、そうですね。
Sachiko: 最近のModernなBuildingです。
Natsuko: じゃ、いくつか例文を行きます。あの選手は体は小さいが、みどころがある。
Sachiko: Although that player is small in stature, there is something promising about him.
Natsuko: あの映画は派手なカーチェイスがみどころだよ。
Sachiko: The highlight of that movie is the awesome car chase.
Natsuko: 次のキーワードは、かんじん
Sachiko: Crucial, key.
Natsuko: この言葉もちょっとおもしろいですよ。「肝(かん)」という漢字は、これはgutsという意味なんですよね。
Sachiko: なんかgoryですね。
Natsuko: そうですね。で、「心(じん)」は、よく出てくる「こころ」の字ですね。
Sachiko: The kanji for heart or mind.
Natsuko: そうですね。ですから、やっぱりどっちも人間にとってCrucialな部分ですよね。
Sachiko: そうですね。 You can’t live without a heart or guts.
Natsuko: じゃ、例文を行きます。ミスをしないことが肝心だ。
Sachiko: It’s crucial not to make mistakes. Ouch! I am trying, I am trying.
Natsuko: 私もです。次のキーワードは、じしんさく
Sachiko: Masterpiece, favorite works.
Natsuko: これは、「自信(じしん)」というのが、Confidentという意味なんですよね。で、「作」はWorkなので、
Sachiko: Altogether it’s work that you are proud of or you have confidence in.
Natsuko: そうですね。だから、これは、作ったAuthorの側に立った Representative workという、そういう感じですよね。
Sachiko: そうですね。So representative work is something that other critics decide but 自信作 is whatever the author decides or the artist decides.
Natsuko: Yes.
Sachiko: Because they are confident about it.
Natsuko: Artだけじゃなくて、なんにでも使いますよね。
Sachiko: そうですね。
Natsuko: じゃ、例文を行きます。この映画は監督の自信作らしいけど、マスコミには人気がないね。
Sachiko: It seems the director is quite confident with this movie but it’s not popular among the media.
Natsuko: この例文はよくわかりますね。
Sachiko: そうですね。
Natsuko: DirectorはVery confidentだったんだけど、MediaにはPopularではなかった。
Sachiko: そうですね。
Natsuko: そういうことがよくあるんです。次のキーワードは、かくしあじ
Sachiko: Hidden flavor.
Natsuko: これは、料理でよく使う、というか料理で使われる言葉なんですけれども、例文を、じゃ、行きましょう。かくし味にしょうゆを少し使いましょう。
Sachiko: Let’s add a small amount of soy sauce as a hidden flavor.
Natsuko: なんか料理教室みたいですね。
Sachiko: そうですね。隠し味の「味」っていうのはTaste, Flavorのことを言いますね。
Natsuko: 「隠し」というのが、Hide,Hiddenという意味なんですよね。
Sachiko: はい。
Natsuko: 次のキーワードは、さいよう
Sachiko: Recruit, accept, adopt.
Natsuko: なんかちょっとほっとする言葉ですね。
Sachiko: そうですね。Agnesさん、がんばってほしいです。
Natsuko: うん、よかった、よかった。これ、Job Applicationのときだけじゃなくて、いろいろなもの、Adopted, Acceptedのときに使われる言葉ですね。
Sachiko: はい。
Natsuko: たとえば、あの会社は現地の職員を大勢採用しています。
Sachiko: That Company hires many local staff.
Natsuko: 君の案を採用しよう。
Sachiko: Let’s adopt your proposal.

Lesson focus

Natsuko: はい、じゃ、キーワードとPhraseはだいたい見てきたので、今日のGrammar Pointに行きたいと思います。今日のGrammar Pointはですね、これあんまりFormalな言い方ではないんですけれども、~~っぽい
Sachiko: Looks like, feel like or something ish.
Natsuko: そう、そういう意味の言葉です。
Sachiko: じゃ、Boyishていうとなんでしょう?
Natsuko: 男っぽい、男の子っぽい
Sachiko: うん、よく言われました、小さい頃。
Natsuko: あ、そうですか?今はそんなことないですよね。
Sachiko: ありがとう。
Natsuko: そう、これは他にも、~~みたい、とか、~~のようなとかいう表現があるんですけれども、それと同じような意味です。
Sachiko: They all mean the same.
Natsuko: ただやっぱり少しCasualな感じがするので、使うシーンに気を付けて下さいね。今日の会話に出てきたのは、レストランぽい
Sachiko: Like a restaurant.
Natsuko: 芸術家っぽい
Sachiko: Artistic
Natsuko: 黄色っぽい
Sachiko: Yellowish.
Natsuko: 他にもこんな例がありますけど、たとえば、怒りっぽい
Sachiko: Gets angry easily.
Natsuko: 子供っぽい
Sachiko: Childish.
Natsuko: あきっぽい
Sachiko: Loses interest really fast.
Natsuko: なんかあんまり、自分の言われてるみたいなのが並んじゃったんですけれども
Sachiko: そんなことないですよ。
Natsuko: こういうふうに、「~~っぽい」の「~~」のところにいろんな表現が使えますので、友達同士で使うような時にはすごく便利だと思います。
Sachiko: So ぽい is much more casual than the other Japanese terms like ~~みたい、~~のような。●●00:18:14は、何っぽかったんでしょうか?
Natsuko: うーん、それはちょっとこの先のレッスンを聞いてから判断したいですね。
Sachiko: そうですね、そうしましょう。
Natsuko: たぶんこれから先、この社長もたくさん出てくるんだと思います。
Sachiko: 楽しみにしておきます。
Natsuko: 楽しみにしましょう。
Sachiko: はい。

Outro

Natsuko: それでは、来週も聞いて下さいね。あと、必ずJapanesepod101.comに寄って、PDFをチェックしておいて下さいね。他にもGrammar Pointの説明とか漢字の説明とか、たくさんのっていますのでチェックしておいて下さい。それでは、また来週。
Sachiko: Stay tuned.

Grammar

Japanese Grammar Made Easy - Unlock This Lesson’s Grammar Guide

Easily master this lesson’s grammar points with in-depth explanations and examples. Sign up for your Free Lifetime Account and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Kanji

Review & Remember All Kanji from this Lesson

Get complete breakdowns, review with quizzes and download printable practice sheets! Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

11 Comments

Hide
Please to leave a comment.
😄 😞 😳 😁 😒 😎 😠 😆 😅 😜 😉 😭 😇 😴 😮 😈 ❤️️ 👍

JapanesePod101.com Verified
April 20th, 2007 at 06:30 PM
Pinned Comment
Your comment is awaiting moderation.

Mina-san, What do you think about Agnes' second interview? This company's president has a pretty unique style, don't you think? Well, you know what they say, there's a fine line between genius and insanity. :lol: アグネスさん、おめでとうございます!

Mayumi
September 10th, 2008 at 02:01 PM
Your comment is awaiting moderation.

Clay-san,


Thank you for clarification! When I read your explanation, I remembered the expression "手に取るようにわかる" which means "to understand very clearly." I guess your translation might be "アグネス君は藤本社長の気持ちが手に取るようにわかる." 

clay
September 9th, 2008 at 11:06 PM
Your comment is awaiting moderation.

Thank you Mayumi san.


Actually, “アグネス君は藤本社長を本みたいに読める” is my transliteration of the English expression “Agnes can read president Fujimoto like a book”. When Agnes can read Fujimoto “like a book” it indicates that she understands him very well. Agnes quickly understood how to take advantage of Fujimoto’s “uniqueness”. Agnes immediately complemented him with words like 素敵and 美味しい. She used her ability to “read him like a book’ to quickly get the job.


Perhaps the transliteration does not work well in Japanese. What do you think?


Clay

Mayumi
September 9th, 2008 at 06:16 PM
Your comment is awaiting moderation.

Clay-san,


「アグネス君は藤本社長を本みたいに読める」というのは、「アグネス君は藤本社長の気持ちがよくわかる」という意味ですか?

Do you mean "Agnes can understand well how President Fujimoto is feeling" by "アグネス君は藤本社長を本みたいに読める" ?

clay
September 9th, 2008 at 10:10 AM
Your comment is awaiting moderation.

面白いですね。あのアグネス君は頭が好いお嬢さんですね。アグネス君は藤本社長を本みたいに読める。


Clay

Claudia
April 30th, 2007 at 01:29 AM
Your comment is awaiting moderation.

こんしゅう、Intermediate Lesson はありませんでした、ざんえんですね。。。

アグネス葉おやすみをしていますか?

Bobu
April 21st, 2007 at 11:06 PM
Your comment is awaiting moderation.

Just want to say that I'm thoroughly enjoying this new series of Intermediate lessons!

markystar
April 20th, 2007 at 07:50 PM
Your comment is awaiting moderation.

maxiewawa, she was saying 'right about here/now we should started looking at vocab. ;)

Alain
April 20th, 2007 at 07:44 PM
Your comment is awaiting moderation.

筆跡鑑定 やロールシャッハテストよりその面接のほうがおもしろいですね。

maxiewawa
April 20th, 2007 at 07:04 PM
Your comment is awaiting moderation.

After Michiko-sensei mentions her alcoholic boss, Natsuko san says 'Kono hen ni...' Does she mean '辺?' I heard it in a lesson the other day, and I haven't heard it before.

maxiewawa
April 20th, 2007 at 06:56 PM
Your comment is awaiting moderation.

Yeah! We have the jingle back!