Dialogue

Vocabulary

Learn New Words FAST with this Lesson’s Vocab Review List

Get this lesson’s key vocab, their translations and pronunciations. Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Transcript

Intermediate Lesson #53
INTRODUCTION
Natsuko: 第53回中級レッスン、こめどんやのおれい。こんにちは、Natsukoです。
Sachiko: Sachikoです。
Natsuko: Sachikoさん、今日は昔話の回みたいですよ。
Sachiko: そうですね。
Natsuko: 「米問屋のお礼」」というのが、その昔話のタイトルらしいんですけど、「米問屋」ってなんですか?
Sachiko: そうですね。「米」っていうのはRiceのことを言いますね。
Natsuko: はい。
Sachiko: 「どんや」っていうのは「問屋(とんや)」、もともと「問屋」Wholesalerという意味で、濁音になりましたね。「こめとんや」が言いにくいから「こめどんや」になったみたいですね。
Natsuko: なるほどね。そうすると、Rice Wholesalerが出てくるんですね。
Sachiko: はい。
Natsuko: うん。
Sachiko: で、それの「お礼」、それのThe appreciation of the gratitude of the rice wholesaler. ということですね。
Natsuko: Sounds interesting.
Sachiko: Yes ちょっと
Natsuko: どんな話なんでしょうね。
Sachiko: ね、ちょっと聞いてみましょうか。
Natsuko: はい。
DIALOGUE
むかしむかし、ある海辺に、おじいさんとおばあさんと息子と嫁とが暮らしていました。
おじいさんと息子は沖に出て魚をとり、おばあさんと嫁は機(はた)を織(お)る毎日でした。
ある日の事、おじいさんと息子が沖へ漁に出ていると、急に空模様(そらもよう)があやしくなってきました。
おじいさん: こりゃ、大雨になるぞ。
息子: お父っつぁん、あの島へ行こう。
二人は大いそぎで、近くの島へ逃げました。
だんだん雨風が強まるなか、やっと舟をおかに押し上げて、洞穴(ほらあな)にこもり、大荒れに荒れる海を見ながら、二人はジッと夜を明かしました。次の朝、大雨がやんだので、二人は舟を出して魚をとりはじめました。 アミを海に入れると、とても重い手ごたえがあります。二人がなんとかアミを引き上げてみると、アミの中には二十五、六歳の立派(りっぱ)な着物を着た男がかかっていたのです。
息子: お父っつぁん、こりゃあ。
おじいさん: うむ、ゆうべの大雨に流されてきたお人じゃろう。かわいそうなことだが、もう死んでいる。
二人は島に穴をほると、その男をていねいにうめてやりました。
おじいさん: 今日は、ひきあげよう。おばあさんに頼まれていた物を買ってから帰ろう。
二人は大きな町がある港へ、舟をこぎ寄せました。
おみそやお米を買おうと、お米屋へ行ったら、そこの旦那(だんな)が声をかけてきました。
旦那: もし、あなたたちは、昨夜の大雨の時、どうしていましたか?
おじいさん: はい、わしたちは危ういところで島に逃れられました。
旦那: そうでしたか、それはよろしゅうございました。ところでここへ来る途中、千石船(せんごくぶね・江戸時代、米を千石ほど積める大形の和船)を見かけませんでしたか?
おじいさん: いいや、見なかったですな。ですが今日、わしらのアミに若い男の死骸(しがい)がかかって、島にうめてきました。
旦那: 死骸ですと!
おじいさん: なにか、心当りでもありなさるのか?
旦那: 実は、息子が大阪に千石船で米を積んで出て行ったのですが、そこへあの大雨。心配しているところです。
おじいさん: そうじゃったか。
旦那: ごめんどうをおかけしますが、わたしをその島へ連れて行ってもらえますまいか?
二人は旦那を乗せて、その島へ戻りました。うめた死骸をほり返してみると、旦那の顔から血の気が引きました。
旦那: むっ、息子です。
二人は死骸を乗せて再び港へ引き返し、立派な葬式(そうしき)にも立ちあいました。
旦那: あなたたちには、すっかりお世話になりました。わたしの心からのお礼を港に用意しました。どうか受け取って下さい。
おじいさん: いや、お礼なんぞいりません。
旦那: いいえ、あなたたちは息子をていねいにうめて下さっただけでなく、持っていたお金も、そっくりそのままそえて下さっていた。その正直さに感銘(かんめい→感動)を受けました。どうぞ受け取ってやって下さい。
あまりに旦那が言うので受け取ることにしたのですが、旦那につれられて港へ行ってビックリです。なんと旦那が用意したお礼は千石船で、しかも米千石が積んであったのです。
その上、死んだ息子がもっていた百両(ひゃくりょう→七百万円ほど)以上もの金をくれたのです。二人はたちまち大金持ちになり、嫁とおばあさんの待っている家へ帰っていきました。
おしまい
Natsuko: 次は英語が入ります。
むかしむかし、ある海辺に、おじいさんとおばあさんと息子と嫁とが暮らしていました。
おじいさんと息子は沖に出て魚をとり、おばあさんと嫁は機(はた)を織(お)る毎日でした。
ある日の事、おじいさんと息子が沖へ漁に出ていると、急に空模様(そらもよう)があやしくなってきました。
Long, long ago, an old man and woman lived by the seaside with their son and daughter-in-law. Every day, the old man and his son used to go fishing far out at sea and the old woman and her daughter-in-law would weave. One day while the old man and his son were fishing far off the shore, the weather suddenly began to worsen..
おじいさん: こりゃ、大雨になるぞ。
Oh heavy rain is coming.
息子: お父っつぁん、あの島へ行こう。
Dad, let’s go on to that island.
二人は大いそぎで、近くの島へ逃げました。
だんだん雨風が強まるなか、やっと舟をおかに押し上げて、洞穴(ほらあな)にこもり、大荒れに荒れる海を見ながら、二人はジッと夜を明かしました。次の朝、大雨がやんだので、二人は舟を出して魚をとりはじめました。 アミを海に入れると、とても重い手ごたえがあります。二人がなんとかアミを引き上げてみると、アミの中には二十五、六歳の立派(りっぱ)な着物を着た男がかかっていたのです。
The two of them hurried to a nearby island. While the rain and wind were getting stronger and stronger, they managed to pull the boat up on to the shore. They took shelter in a cave and spent the night keeping still and watching the ocean grow rougher and rougher. The next morning the heavy rain stopped and they launched their boat and started catching the fish. When they put a fishing net into the sea, they felt something heavy. They managed to pull out the net and in it found a 25 or 26 year old man dressed in a lavish kimono.
息子: お父っつぁん、こりゃあ。
Dad, what’s this?
おじいさん: うむ、ゆうべの大雨に流されてきたお人じゃろう。かわいそうなことだが、もう死んでいる。
Well I guess he was swept away by the storm last night. What a pity! He is already dead.
二人は島に穴をほると、その男をていねいにうめてやりました。
They dug a hole on the island so the man can be buried respectfully.
おじいさん: 今日は、ひきあげよう。おばあさんに頼まれていた物を買ってから帰ろう。
We have to leave now. Let’s go home after we buy what I was asked to get by my wife.
二人は大きな町がある港へ、舟をこぎ寄せました。
おみそやお米を買おうと、お米屋へ行ったら、そこの旦那(だんな)が声をかけてきました。
They rode the boat into the harbor of a bit town when they stopped by a rice shop to buy miso and rice. The shopkeeper spoke with them.
旦那: もし、あなたたちは、昨夜の大雨の時、どうしていましたか?
Excuse me, what were you doing during the heavy rain last night?
おじいさん: はい、わしたちは危ういところで島に逃れられました。
Luckily, we managed to get on to an island.
旦那: そうでしたか、それはよろしゅうございました。ところでここへ来る途中、千石船(せんごくぶね・江戸時代、米を千石ほど積める大形の和船)を見かけませんでしたか?
Did you? That’s good. By the way, did you see a Sengokubune?
おじいさん: いいや、見なかったですな。ですが今日、わしらのアミに若い男の死骸(しがい)がかかって、島にうめてきました。
No we didn’t but we retrieved the dead body of a young man caught in our net and buried him on the island today.
旦那: 死骸ですと!
Did you say a dead body?
おじいさん: なにか、心当りでもありなさるのか?
Is there something on your mind?
旦那: 実は、息子が大阪に千石船で米を積んで出て行ったのですが、そこへあの大雨。心配しているところです。
Well to tell the truth, my son sailed out to Osaka carrying rice on a Sengokubune. Then the heavy rain came. So I am very worried.
おじいさん: そうじゃったか。
Yes I see what you mean.
旦那: ごめんどうをおかけしますが、わたしをその島へ連れて行ってもらえますまいか?
I am sorry to trouble you but could you please take me out on to that island?
二人は旦那を乗せて、その島へ戻りました。うめた死骸をほり返してみると、旦那の顔から血の気が引きました。
They took the shopkeeper on board and returned to the island. Once they dug up the body, the shopkeeper went pale.
旦那: むっ、息子です。
It’s – it’s my son.
二人は死骸を乗せて再び港へ引き返し、立派な葬式(そうしき)にも立ちあいました。
The old man and his son took the body on board and returned to the harbor again. They also attended the great funeral.
旦那: あなたたちには、すっかりお世話になりました。わたしの心からのお礼を港に用意しました。どうか受け取って下さい。
Thank you for everything. I have prepared something for you at the harbor as a token of my sincere appreciation. Please accept it.
おじいさん: いや、お礼なんぞいりません。
Oh it’s nothing; you don’t need to do that.
旦那: いいえ、あなたたちは息子をていねいにうめて下さっただけでなく、持っていたお金も、そっくりそのままそえて下さっていた。その正直さに感銘(かんめい→感動)を受けました。どうぞ受け取ってやって下さい。
Not only did you bury my son respectfully, but you put all the money he carried together with his body. I was so impressed by your honesty. So please accept it.
あまりに旦那が言うので受け取ることにしたのですが、旦那につれられて港へ行ってビックリです。なんと旦那が用意したお礼は千石船で、しかも米千石が積んであったのです。
その上、死んだ息子がもっていた百両(ひゃくりょう→七百万円ほど)以上もの金をくれたのです。二人はたちまち大金持ちになり、嫁とおばあさんの待っている家へ帰っていきました。
They decided to accept it because the shop owner insisted but they were shocked when they were taken to the harbor by the shop owner, the token of appreciation that the shop owner had prepared was the Sengokubune which in addition had 1000 koku of rice loaded. Furthermore, he gave them more than 100 Ryo. Instantly, they became very rich and then went back home where the old woman and daughter-in-law were waiting for them.
おしまい
The end.
POST CONVERSATION BANTER
Natsuko: Sachikoさん、長い話でしたけどどう思いましたか?
Sachiko: なんかずいぶん長くて、どんどんどんどんグロテスク?になっていったんで、ちょっと怖かったんですけども
Natsuko: えー。
Sachiko: ま、最後はハッピーエンドだからいいかな、と思って。
Natsuko: そうですね。It developed into kind of scary.
Sachiko: It did. It just kept getting more and more grotesque and then at the ending, it was all of a sudden happy. So it’s a bit ちょっと interesting.
Natsuko: Hmm…ほんとうにあった話なのかなって思いました。
Sachiko: I hope it didn’t come true. I hope it wasn’t a true story because somebody died.
Natsuko: うーん、But it happens.
Sachiko: ね、怖い話ですね。
Natsuko: ね。
Sachiko: はい。でもやっぱり、 Honesty is best 正直が一番、ということでしょうかね。
Natsuko: あ、そうですね。たぶん、そういうレッスンの入ったお話なんでしょうね。
Sachiko: ですね、きっと。Natsukoさん、すごい気になる事があるんですけど、このストーリーの中で、漁師さんが遺体を見つけた時に、始めからそのお金について知ってたんでしょうか?
Natsuko: You mean, did the fisherman knew that this man was rich when they found the body?
Sachiko: Because if the fisherman didn’t know that the person was rich and buried him without knowing it, I feel like he doesn’t deserve his gratitude. What do you think?
Natsuko: あー、でも私は、たとえばお金持ちだと知っていて、
Sachiko: はい。
Natsuko: もしかしたら、「お礼がもらえるかも」と思って、
Sachiko: ひどい!
Natsuko: だとしたら、それもあんまりHonestじゃないな、という気もするんですよ。
Sachiko: そうですよね。So if the fisherman buried him knowing that he was rich because he was wearing extravagant clothing right, then it would sort of put a little shadow on this man’s credibility. Wouldn’t it?
Natsuko: Hmm.
Sachiko: 知りたいですね。
Natsuko: ね、どのぐらいExpectしてたのかな?っていう感じはしますけどね。
Sachiko: はい。でもこんなことを疑問に思う私たちは、とってもJadedですね。悲しい!
Natsuko: たぶん私たちは、Appreciationもらえないですよね。
Sachiko: もうもらえないですね。
Natsuko: 船はもらえないですね、きっとね。
Sachiko: 反省です。
Natsuko: はい。
Sachiko: おつかれさま。
Natsuko: おつかれさまです。

Kanji

Review & Remember All Kanji from this Lesson

Get complete breakdowns, review with quizzes and download printable practice sheets! Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

30 Comments

Hide
Please to leave a comment.
😄 😞 😳 😁 😒 😎 😠 😆 😅 😜 😉 😭 😇 😴 😮 😈 ❤️️ 👍

JapanesePod101.com Verified
April 5th, 2007 at 12:00 AM
Pinned Comment
Your comment is awaiting moderation.

Mina-san, apologies for the delay, and for switching up the levels on you. We just wanted to make sure you're paying attention. Yoroshiku onegai shimasu.

JapanesePod101.com Verified
March 30th, 2018 at 05:59 PM
Your comment is awaiting moderation.

Jeremy-san,

konnichiwa!

Thank you for sharing your thoughts! :D

Yes, I agree with you; I think you're doing very well! 👍😆

This can be very hard, and yet, you've got it even with understanding to the nature of the voice.

Excellent! :)


Natsuko (奈津子),

Team JapanesePod101.com

Jeremy
February 7th, 2018 at 09:30 AM
Your comment is awaiting moderation.

Wow, this one's a challenge to pick out. Some less-common constructions (that I've seen in writing before) but much bigger than that: The female narrator has a "story-telling sing-song" that's completely different from the usual pitch and rhythm patterns, so the line-by-line audio is my friend. (I heard "oki ni ryou ni dete ita" as "o-ki ni ryouri dete ita" for instance, which is a pretty wildly different sentence that I was trying to guess having something to do with wanting to cook!)


Not complaining though. I've heard this story-teling voice before in movies and couldn't pick out anything before, so the practice is good. It's breathy, goes to a high pitch, and stays there with rapid-fire syllables all sentence until it goes down at the end, obliterating all or most ordinary word pitch accents. I guess this means I'm doing ok at learning the pitches if their absence is confusing to me... ?


It's interesting how story-telling can have it's own speaking style! I wonder if it's harder for natives to understand too, or if that's just us learners...


Jeremy

JapanesePod101.com Verified
March 26th, 2017 at 08:20 PM
Your comment is awaiting moderation.

オスカルさん、

どういたしまして。:innocent::thumbsup:


Natsuko (奈津子),

Team JapanesePod101.com

オスカル
March 4th, 2017 at 06:59 PM
Your comment is awaiting moderation.

奈津子先生、おすすめは本当にありがとう!あの本を調べてみましょう:smile:。そうですね!「似ている」と書こうとしたのに間違いました!:sob:

奈津子先生、よい週末を過ごしてください!:thumbsup:

JapanesePod101.com Verified
February 26th, 2017 at 01:54 PM
Your comment is awaiting moderation.

オスカルさん、

こんにちは。:smile:

オスカルさんの日本語はボロボロではありませんよ!:sunglasses::thumbsup:

ひとつだけアドバイスがあります。オスカルさんは漢字をたくさん知っているので

素晴らしいと思います。でも実は、ひらがなで書いた方がいい単語もあるので、

本を読んで、「漢字を使う単語」と「(漢字があるのに)ひらがなで書く単語」を

観察するのもいいと思いますよ。例えば、「あいにく」は、読む人が読めなかったり

読みにくかったりするので、ほとんどの場合、ひらがなで書きます。

間違いではないので、これは上級レベルかもしれませんが、ちょっと観察すると

おもしろいテーマだと思いますよ!


ちなみに、「にている」は「似ている」かな?:wink:


Natsuko (奈津子),

Team JapanesePod101.com

オスカル
February 2nd, 2017 at 06:31 PM
Your comment is awaiting moderation.

由紀先生、どうもありがとう!生憎まだ新しい昔話を見つけなかったんですねけど星 新一の事をちょっと調べて、とても面白い作家と思います。その作家の物語はちょっと昔話に弐ているんじゃありませんか?私の日本語はボロボロですから、ごめんなさい!:disappointed:

JapanesePod101.com Verified
February 1st, 2017 at 07:25 PM
Your comment is awaiting moderation.

オスカルさん

こんにちは。:smile:

昔話が見つかりましたか。

面白い話が見つかったら教えてください。

Yuki 由紀

Team JapanesePod101.com

オスカル
January 16th, 2017 at 10:53 PM
Your comment is awaiting moderation.

奈津子先生、お進めをありがとうございます!:smile: 新しい昔話を探すつもりです!

JapanesePod101.com Verified
January 16th, 2017 at 04:39 PM
Your comment is awaiting moderation.

オスカルさん、

こんにちは。:smile:

お返事がとてもおそくなってしまってすみません。:disappointed:

昔話が好きなんですね。

インターネットでも調べてみてください。きっとおもしろいものがたくさんありますよ!:wink:


Natsuko (奈津子),

Team JapanesePod101.com

オスカル
November 19th, 2016 at 02:48 AM
Your comment is awaiting moderation.

はい!それも面白かったですね!昔話は全部聞いてしまいました!残念ですね!


どうもありがとうございます、由紀先生!良い週末!!:sunglasses: