Dialogue

Vocabulary

Learn New Words FAST with this Lesson’s Vocab Review List

Get this lesson’s key vocab, their translations and pronunciations. Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Notes

Unlock In-Depth Explanations & Exclusive Takeaways with Printable Lesson Notes

Unlock Lesson Notes and Transcripts for every single lesson. Sign Up for a Free Lifetime Account and Get 7 Days of Premium Access.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Transcript

川端康成
日本人で初めてノーベル文学賞に輝いたのが、川端康成です。
彼の文章の特色とは「美しい」という点。使われることばと言い、音読したときの響きと言い、他の作家とは一線を画していると高く評価されています。
さらに素晴らしいのは、近現代の作家は数え切れないほどたくさんいますが、その中でも「名作」と呼ばれる小説をいくつも残していることです。
これらの理由から、川端は日本文学の頂点に立つ作家の一人と位置づけられています。
そんな文学的才能に恵まれた彼ですが、たった2歳で父を、翌年は母を、7歳の頃に祖母、その三年後に姉を、遂には15歳で祖父と死に別れ、とても淋しい家庭環境の中で育ちました。この境遇は、彼の作品に多大な影響を及ぼします。
代表作『伊豆の踊子』は80年以上前に執筆された短編小説ですが、書籍で楽しむのはもちろん、六回も役者を変えて映画化されたほど人気のある作品。その主人公の青年は「孤児(川端と同じですね)」という設定で、日本では有名な観光地である伊豆を旅します。道中で出会った旅芸人の一座、とりわけ可憐な踊子の少女との温かい心の交流を通じて、孤独が癒されるという筋書き。
川端が19歳の折に、実際に伊豆で体験したことに着想を得た本作から、彼の小説を読み進める人も多いです。
次々と作品を発表する傍らで若い作家への支援も精力的に行ない、後に紹介する三島由紀夫をデビューさせたのも川端です。
そんな彼ですが、創作力の衰えや健康への不安などからガス自殺を遂げ、多くのファンに惜しまれました。
1899年6月 大阪府に生まれる
1972年4月 享年72歳
代表作 『伊豆の踊子』
『雪国』
『古都』

Kanji

Review & Remember All Kanji from this Lesson

Get complete breakdowns, review with quizzes and download printable practice sheets! Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

6 Comments

Hide
Please to leave a comment.
😄 😞 😳 😁 😒 😎 😠 😆 😅 😜 😉 😭 😇 😴 😮 😈 ❤️️ 👍

JapanesePod101.com Verified
May 29th, 2011 at 06:30 PM
Pinned Comment
Your comment is awaiting moderation.

川端康成

日本人で初めてノーベル文学賞に輝いたのが、川端康成です。彼の文章の特色とは「美しい」という点。使われることばと言い、音読したときの響きと言い、他の作家とは一線を画していると高く評価されています。さらに素晴らしいのは、近現代の作家は数え切れないほどたくさんいますが、その中でも「名作」と呼ばれる小説をいくつも残していることです。これらの理由から、川端は日本文学の頂点に立つ作家の一人と位置づけられています。

そんな文学的才能に恵まれた彼ですが、たった2歳で父を、翌年は母を、7歳の頃に祖母、その三年後に姉を、遂には15歳で祖父と死に別れ、とても淋しい家庭環境の中で育ちました。この境遇は、彼の作品に多大な影響を及ぼします。

代表作『伊豆の踊子』は80年以上前に執筆された短編小説ですが、書籍で楽しむのはもちろん、六回も役者を変えて映画化されたほど人気のある作品。その主人公の青年は「孤児(川端と同じですね)」という設定で、日本では有名な観光地である伊豆を旅をします。道中で出会った旅芸人の一座、とりわけ可憐な踊子の少女との温かい心の交流を通じて、孤独が癒されるという筋書き。川端が19歳の折に、実際に伊豆で体験したことに着想を得た本作から、彼の小説を読み進める人も多いです。

次々と作品を発表する傍らで若い作家への支援も精力的に行ない、後に紹介する三島由紀夫をデビューさせたのも川端です。そんな彼ですが、創作力の衰えや健康への不安などからガス自殺を遂げ、多くのファンに惜しまれました。


皆さんが「文章が美しい」と思う作家は誰ですか?

 

JapanesePod101.com
January 31st, 2019 at 02:47 PM
Your comment is awaiting moderation.

ジェレミーさん こんにちは。


するどいツッコミ、ありがとうございます。

そうですね。有名な作家になる代償は大きすぎますよね。

どんな人生だったのだろうと考えると私も悲しくなります。

個人的には、作家というのは人生の意味や価値を考えて、それを作品で書いていくのが仕事なのだろうと思っています。

もし私自身が人生の意味や価値を毎日考え続けて、それでもいい意味や価値がなかなか見つからなかったら苦しいだろうなと思います。

ジェレミーさんはどう思いますか。


もとこ

Team JapanesePod101.com

ジェレミー
January 19th, 2019 at 10:29 AM
Your comment is awaiting moderation.

おい!多くの日本人の大作家は苦しい命を送って、自殺を遂げましたね。僕には、有名な作家になるにはこの価値は高過ぎますよね!こんな命を考えると悲しくなります。

Jessi
June 3rd, 2011 at 04:28 PM
Your comment is awaiting moderation.

Darrylさん,

Thank you for pointing that out!

ご指摘ありがとうございます :oops:

It has been fixed :dogeza:

Darryl Brooks
June 2nd, 2011 at 06:48 AM
Your comment is awaiting moderation.

すばらしいブログでした。有難うございました。

一つ確認したいことがありますが、ブログの中には「六回も役者を変えて映画化されたほど。。」とあり、英訳は「made into a film as many as six times, all by different directors. 」となっていますが、役者という言葉なので、「all by different actors」の方が正しいではないでしょうか。それとも、日本語のタイプミスなら、「六回も監督を変えて映画化されたほど。。」が意図の文章だったかもしれませんが。。。

Spidey
June 1st, 2011 at 07:49 AM
Your comment is awaiting moderation.

If this lesson was offered as an audio book I could select a slower speed on ipod.