Dialogue

Vocabulary

Learn New Words FAST with this Lesson’s Vocab Review List

Get this lesson’s key vocab, their translations and pronunciations. Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Notes

Unlock In-Depth Explanations & Exclusive Takeaways with Printable Lesson Notes

Unlock Lesson Notes and Transcripts for every single lesson. Sign Up for a Free Lifetime Account and Get 7 Days of Premium Access.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Transcript

芥川龍之介
平安時代、都の正門である「羅生門」で主人公の下人(げにん;召使いの青年)が雨宿りをしている場面から、この話は始まります。
彼は職を失い、食べていくためには盗人になるしかないと考えています。しかし、「勇気」が出ないまま思い悩んでいると、羅生門の上から物音がします。梯子を上った下人が見たものは、引き取り手のない遺体がごろごろと捨てられている暗闇の中で動く灯りでした。なんと、松明を手にした老婆が若い女の遺体から髪を抜いているではありませんか。
激しい怒りを抱いた下人は刀を抜き、老婆に飛びかかるのですが、彼女は「この女は生前、蛇を魚だと偽って売っていた。それは悪いことだが、生きるためには仕方なかった。したがって私が遺体の髪を抜いてかつらを作り、売ったとしても許されるはず。生きるためにやむなく行なう悪なのだから」と主張します。
これを聞いた下人は「これも生きるために仕方なくすることだ」と言って老婆の着物を剥ぎ取ると、夜の闇に消えていきました。
これは、芥川龍之介の代表作『羅生門』のあらすじです。この作品は「生きていくためには悪事も許される」という考え方の是非を問う問題作で、中学校の教科書にも掲載されています。歴史小説ですが、短編なので日本語上級者の皆さんであれば読みこなすことができるでしょう。
作品の末文は「下人は、既に、雨を冒して、京都の町へ強盗を働きに急ぎつつあった。」から「下人は、既に、雨を冒して京都の町へ強盗を働きに急いでいた。」へ、さらに「下人の行方は、誰も知らない。」と書き換えられています。なぜ推敲されたのかを考えることも、作者の思いを探る上で面白いですね。
『羅生門』以外にも、誰しもが持つ矛盾した感情をテーマとする作品を次々と発表した芥川でしたが、36歳の若さで服毒自殺を遂げています。現在でも広くファンを獲得し、年に二回選考される新人賞は彼の功績を記念して「芥川賞」と名づけられているほど、近代文学史上、特筆すべき優れた作家です。
1892年3月 東京都に生まれる
1927年7月 享年36歳
代表作 『羅生門』
『蜘蛛の糸』
『鼻』

Kanji

Review & Remember All Kanji from this Lesson

Get complete breakdowns, review with quizzes and download printable practice sheets! Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

9 Comments

Hide
Please to leave a comment.
😄 😞 😳 😁 😒 😎 😠 😆 😅 😜 😉 😭 😇 😴 😮 😈 ❤️️ 👍

JapanesePod101.com Verified
March 27th, 2011 at 06:30 PM
Pinned Comment
Your comment is awaiting moderation.

芥川龍之介

平安時代、都の正門である「羅生門」で主人公の下人が雨宿りをしている場面から、この話は始まります。
彼は職を失い、食べていくためには盗人になるしかないと考えています。しかし、「勇気」が出ないまま思い悩んでいると、羅生門の上から物音がします。梯子を上った下人が見たものは、引き取り手のない遺体がごろごろと捨てられている暗闇の中で動く灯りでした。なんと、松明を手にした老婆が若い女の遺体から髪を抜いているではありませんか。
激しい怒りを抱いた下人は刀を抜き、老婆に飛びかかるのですが、彼女は「この女は生前、蛇を魚だと偽って売っていた。それは悪いことだが、生きるためには仕方なかった。したがって私が遺体の髪を抜いてかつらを作り、売ったとしても許されるはず。生きるためにやむなく行なう悪なのだから」と主張します。
これを聞いた下人は「これも生きるために仕方なくすることだ」と言って老婆の着物を剥ぎ取ると、夜の闇に消えていきました。
これは、芥川龍之介の代表作『羅生門』のあらすじです。この作品は「生きていくためには悪事も許される」という考え方の是非を問う問題作で、中学校の教科書にも掲載されています。歴史小説ですが、短編なので日本語上級者の皆さんであれば読みこなすことができるでしょう。
作品の末文は「下人は、既に、雨を冒して、京都の町へ強盗を働きに急ぎつつあった。」から「下人は、既に、雨を冒して京都の町へ強盗を働きに急いでいた。」へ、さらに「下人の行方は、誰も知らない。」と書き換えられています。なぜ推敲されたのかを考えることも、作者の思いを探る上で面白いですね。
『羅生門』以外にも、誰しもが持つ矛盾した感情をテーマとする作品を次々と発表した芥川でしたが、36歳の若さで服毒自殺を遂げています。現在でも広くファンを獲得し、年に二回選考される新人賞は彼の功績を記念して「芥川賞」と名づけられているほど、近代文学史上、特筆すべき優れた作家です。


皆さんは、「生きていくためには悪事も許される」という考え方に賛成ですか。

 

JapanesePod101.com Verified
December 12th, 2018 at 07:50 AM
Your comment is awaiting moderation.

Hi タイ,


コメントをありがとうございます!レッスンを喜んでいただけて、嬉しいです。

Lesson は「レッスン」と書きます。カタカナの「ソ」と「ン」はとてもよく似ていますね。


Sincerely,

Miki H

Team JapanesePod101.com



タイ
November 22nd, 2018 at 10:58 PM
Your comment is awaiting moderation.

非常に興味深いレッソンです!日本語の作品を読みたくなりました。本当にありがとうございます!

JapanesePod101.com Verified
August 28th, 2012 at 04:46 PM
Your comment is awaiting moderation.

Bukokuさん、

そうですね、どうしてでしょう?:sad:

文字通りの訳ですが、意味が伝わらない、と思ったのかもしれません。


Natsuko (奈津子),

Team JapanesePod101.com

Bukoku
July 22nd, 2011 at 10:24 AM
Your comment is awaiting moderation.

ロバートさんの話に同感。黒澤明の「薮の中」の話しょうかなと思ったけど、もうすでに書いてある!上等だ。僕、いつも思ったんだけどなぜか草枕の英語タイトルはおかしい「The Cornered World」とか「Kusamakura」と言うのでもあるけど誰も「Pillow of Grass」に訳してない。適切なタイトルだし、妙だなと思った。どうせTuttle版はいいぜ。:eek:

Yuichi
April 21st, 2011 at 04:59 PM
Your comment is awaiting moderation.

ロバートさん


再コメントありがとうございます!

原作を読めるように、日本語の勉強、頑張ってください:mrgreen:

引き続き、この文学シリーズブログを楽しんでください☆

Robert
April 14th, 2011 at 09:38 PM
Your comment is awaiting moderation.

ゆいちさん、


いや、詳しいほどとは言えませんね。黒澤明は世界的監督だそうです。何の国人でも、映画のファンなら、知っていると思います。


私は夏目漱石の「草枕」という小説を英語で読むことがあります。日本語では漫画や漫画に関わるラノベばかりです。このブロッグがとても好きな一つの理由は、一流の作家について分かることができます。いつか読めるかなと思います。(勿論日本語で。)


辞書は一番効用的というはオンラインだとおもいます。リカイチャンとは勿論、日本人の辞書は一番とおみます:


http://dictionary.goo.ne.jp/


http://www.sanseido.net/


リカイチャンに助けられて、この辞書はとてもスピーディと便利と思います。

Yuichi
April 14th, 2011 at 03:51 PM
Your comment is awaiting moderation.

Robertさん


コメントありがとうございます:smile: Robertさんは日本の映画・小説にとても詳しいですね!


「薮の中」も中学ほど読みこなしやすいと思いますか?

→たぶん、読みやすいとは言えないですが、十分理解できると思います。少し単語が難しかったりしますが、辞書とかを引きながらであれば。Robertさんは藪の中を読んだことがありますか?

Robert
March 31st, 2011 at 10:16 AM
Your comment is awaiting moderation.

本当に面白いレッソンですね。もちろん、何十年前から「羅生門」という黒澤明の映画を知ってきているのですが。その映画と芥川の短編小説との関係は全然分かりませんでした。場面は同じ、粗筋は違います。Wikipedia より、映画の仕組みは他の芥川の短編小説の「薮の中」からそうです。なるほど。勉強になりました。


JapanesePodの皆さん:「薮の中」も中学ほど読みこなしやすいと思いますか?