Dialogue

Vocabulary

Learn New Words FAST with this Lesson’s Vocab Review List

Get this lesson’s key vocab, their translations and pronunciations. Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Notes

Unlock In-Depth Explanations & Exclusive Takeaways with Printable Lesson Notes

Unlock Lesson Notes and Transcripts for every single lesson. Sign Up for a Free Lifetime Account and Get 7 Days of Premium Access.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Transcript

母さんの歌
冬は寒い季節だからこそ、人の温かさが心に沁みるもの。今回、紹介するのは木枯らしや降り積む雪を思わせる淋しい曲です。
『かあさんの歌』は1956年(昭和31年)に発表されました。作詞・作曲は窪田聡(くぼたさとし)で、彼が二十歳の時の作品です。
当時の彼は、せっかく合格した大学に進学せず「文学で身を立てよう」と家出中。家族とも連絡を絶っていました。こつこつ貯めた入学金や授業料を持って出ていってしまった息子なのに、両親は見限ることなく、無事を祈っていたそうです。
兄が彼の所在を調べて故郷に知らせて以来、母親から小包が届くように。窪田の好きな食べ物や手作りの衣類など、小包いっぱいに詰まった母の愛情は、どれほど彼の心に沁みたことでしょう。1番から3番の歌詞には、それぞれ中間部分に「母親から届いた手紙の文面」とされる文句が出てきます。
夢を追いかけているとは言え、級友は大学を卒業して就職し、親を安心させているというのに、自分は好き勝手な生活を送っている、そんな息子を心配してくれる両親…。彼は、感謝の念と申し訳なさが入り混じった気持ちを味わったのではないでしょうか。
短調のメロディーが歌詞の内容に合っていて、厳しい寒さの中でしみじみと故郷を思う青年の姿が想像されます。
さて、昔から日本の子どもたちが歌っていた「わらべ歌」には短調の曲が多いとか。『かあさんの歌』は、歌詞も曲も日本人の心の琴線に触れる歌なのです。

Kanji

Review & Remember All Kanji from this Lesson

Get complete breakdowns, review with quizzes and download printable practice sheets! Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

9 Comments

Hide
Please to leave a comment.
😄 😞 😳 😁 😒 😎 😠 😆 😅 😜 😉 😭 😇 😴 😮 😈 ❤️️ 👍

JapanesePod101.com Verified
September 13th, 2011 at 06:30 PM
Pinned Comment
Your comment is awaiting moderation.

母さんの歌

冬は寒い季節だからこそ、人の温かさが心に沁みるもの。今回、紹介するのは木枯らしや降り積む雪を思わせる淋しい曲です。『かあさんの歌』は1956年(昭和31年)に発表されました。作詞・作曲は窪田聡(くぼたさとし)で、彼が二十歳の時の作品です。

当時の彼は、せっかく合格した大学に進学せず「文学で身を立てよう」と家出中。家族とも連絡を絶っていました。こつこつ貯めた入学金や授業料を持って出ていってしまった息子なのに、両親は見限ることなく、無事を祈っていたそうです。兄が彼の所在を調べて故郷に知らせて以来、母親から小包が届くように。窪田の好きな食べ物や手作りの衣類など、小包いっぱいに詰まった母の愛情は、どれほど彼の心に沁みたことでしょう。1番から3番の歌詞には、それぞれ中間部分に「母親から届いた手紙の文面」とされる文句が出てきます。夢を追いかけているとは言え、級友は大学を卒業して就職し、親を安心させているというのに、自分は好き勝手な生活を送っている、そんな息子を心配してくれる両親…。彼は、感謝の念と申し訳なさが入り混じった気持ちを味わったのではないでしょうか。短調のメロディーが歌詞の内容に合っていて、厳しい寒さの中でしみじみと故郷を思う青年の姿が想像されます。

さて、昔から日本の子どもたちが歌っていた「わらべ歌」には短調の曲が多いとか。『かあさんの歌』は、歌詞も曲も日本人の心の琴線に触れる歌なのです。

 


 

皆さんが、家族に感謝したいことは何ですか?

JapanesePod101.com Verified
March 2nd, 2019 at 03:40 AM
Your comment is awaiting moderation.

Konnichiwa ジェレミー,


Thank you for your posting. Often Japanese old songs are minor key and lyrics are sad 😅

そうですね、悲しく聞こえる歌ですよね。祈りをありがとうございます。


Sono

Team JapanesePod101.com

ジェレミー
January 31st, 2019 at 02:39 AM
Your comment is awaiting moderation.

このブログには全部の作家と作曲者の話はとても悲しいと思います。ブログの作家には憂鬱の心配が深く感じます。彼女は大丈夫だと祈っております。

ครีมหน้าขาว
January 8th, 2012 at 02:57 AM
Your comment is awaiting moderation.

Good issue i will return to your page again thank you.

น๊อต
December 30th, 2011 at 10:55 AM
Your comment is awaiting moderation.

New year stay safe

ขายดอกไม้
December 30th, 2011 at 10:55 AM
Your comment is awaiting moderation.

You may read it for themselves

Marian
September 17th, 2011 at 06:10 AM
Your comment is awaiting moderation.

http://www.youtube-mp3.org/#v=mUFcgZdNLU8

Marian
September 17th, 2011 at 05:52 AM
Your comment is awaiting moderation.

http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/08/post_6bee.html

Marian
September 17th, 2011 at 05:52 AM
Your comment is awaiting moderation.

https://www.youtube.com/watch?v=mUFcgZdNLU8