Dialogue

Vocabulary

Learn New Words FAST with this Lesson’s Vocab Review List

Get this lesson’s key vocab, their translations and pronunciations. Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Notes

Unlock In-Depth Explanations & Exclusive Takeaways with Printable Lesson Notes

Unlock Lesson Notes and Transcripts for every single lesson. Sign Up for a Free Lifetime Account and Get 7 Days of Premium Access.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Transcript

節分
子どもが「鬼は外、福は内」と言いながら、鬼のお面をかぶった父親に豆をぶつけたり、豆を家の中にまいたりするのが、一昔前の「節分」のイメージ。一般的に「節分」とは毎年二月三日、立春の前日を指します。
さて、冒頭の文にいくつかの疑問を抱いた人もいるでしょう。
一、なぜ「鬼」が出てくるのか。
二、なぜ「豆」を投げるのか。
三、現在の節分のイメージはどのように変化してきているか。
まず、一つ目の疑問。日本では古来から、季節の変わり目には鬼が現れると考えられています。節分とは、冬から春へ季節が変わる時。そのため、節分には鬼が出てくるというわけです。
では、なぜ「豆」を投げるのか。鬼とは「魔」とも呼ばれ、悪事を働くものです。この魔を滅する(消し去る)ものが「マメ(豆、魔滅)」。Beanの「豆」の音に「魔を滅する」という意味をかけているんですね。
この「マメ」を「鬼は外、福は内」という掛け声と共にまくのですが、これは、「鬼は家の外へ出て行け、福は家の内(中)に来い」という意味です。人々は炒った大豆を家の中や外にまき、まかれた豆を自分の年齢の数だけ食べることで、邪気を追い払い、その年の健康を祈るのです。
最後、三つ目の疑問ですが、実は現在では冒頭文のような光景は一般家庭では見られなくなってきているようです。代わりに神社仏閣で豆まきが行なわれることが多くなってきています。豆だけでなく菓子をまいたり、芸能人を呼んで「イベント」として盛り上がったりすることもあります。時代の流れですね。また、鰯の頭を柊の枝に刺し、家の入り口に置く(魚の臭いで、邪気が家に入るのを防ぐという意味)という風習も地域によってはありましたが、これも近年では残念ながら見られなくなってきているようです。

Kanji

Review & Remember All Kanji from this Lesson

Get complete breakdowns, review with quizzes and download printable practice sheets! Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

1 Comment

Hide
Please to leave a comment.
😄 😞 😳 😁 😒 😎 😠 😆 😅 😜 😉 😭 😇 😴 😮 😈 ❤️️ 👍
Sorry, please keep your comment under 800 characters. Got a complicated question? Try asking your teacher using My Teacher Messenger.
Sorry, please keep your comment under 800 characters.

user profile picture
JapanesePod101.com
December 6th, 2011 at 6:30 pm
Your comment is awaiting moderation.

子どもが「鬼は外、福は内」と言いながら、鬼のお面をかぶった父親に豆をぶつけたり、豆を家の中にまいたりするのが、一昔前の「節分」のイメージ。一般的に「節分」とは毎年二月三日、立春の前日を指します。
さて、冒頭の文にいくつかの疑問を抱いた人もいるでしょう。

一、なぜ「鬼」が出てくるのか。
二、なぜ「豆」を投げるのか。
三、現在の節分のイメージはどのように変化してきているか。

まず、一つ目の疑問。日本では古来から、季節の変わり目には鬼が現れると考えられています。節分とは、冬から春へ季節が変わる時。そのため、節分には鬼が出てくるというわけです。

では、なぜ「豆」を投げるのか。鬼とは「魔」とも呼ばれ、悪事を働くものです。この魔を滅する(消し去る)ものが「マメ(豆、魔滅)」。Beanの「豆」の音に「魔を滅する」という意味をかけているんですね。
この「マメ」を「鬼は外、福は内」という掛け声と共にまくのですが、これは、「鬼は家の外へ出て行け、福は家の内(中)に来い」という意味です。人々は炒った大豆を家の中や外にまき、まかれた豆を自分の年齢の数だけ食べることで、邪気を追い払い、その年の健康を祈るのです。
最後、三つ目の疑問ですが、実は現在では冒頭文のような光景は一般家庭では見られなくなってきているようです。代わりに神社仏閣で豆まきが行なわれることが多くなってきています。豆だけでなく菓子をまいたり、芸能人を呼んで「イベント」として盛り上がったりすることもあります。時代の流れですね。また、鰯の頭を柊の枝に刺し、家の入り口に置く(魚の臭いで、邪気が家に入るのを防ぐという意味)という風習も地域によってはありましたが、これも近年では残念ながら見られなくなってきているようです。

 


 

皆さんの国には、邪気を追い払う行事はありますか?