Dialogue

Vocabulary

Learn New Words FAST with this Lesson’s Vocab Review List

Get this lesson’s key vocab, their translations and pronunciations. Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

Lesson Transcript

お笑い芸人1・日本のお笑い界
みなさん、こんにちは。
ユリのオーディオブログです。
今日は、「日本のお笑い界」についてお話します。
日本には古くから漫才という文化があります。漫才は、観客を前に2人組の会話の中で行われる滑稽な会話の掛け合いのことです。関西地方で独自に発達した漫才は、世の人々を笑いの渦に巻き込み、ひとときの幸せを与え続けてきました。漫才に笑いが大きく関係することから、1980年代から、「お笑い」と呼ばれるようになり、そこで人々を笑わせる漫才の芸人たちは、「お笑い芸人」と呼ばれるようになりました。
ビートたけし、明石家さんま、ダウンタウンなど斬新な笑いを生み出すお笑い界のトップに憧れて、20代、30代の新人たちが、日々デビューし続けては、消えて行く競争の激しい世界です。ここ2、3年のお笑い界では、芸人のネタそのものが面白いかどうかよりも、容姿の良さなど本来の主旨とはかけ離れたところで評価される傾向にあります。
今、生き残っているお笑い芸人の90%以上は、男性です。世間一般が「カッコイイ」と認める芸人は、お笑い界で活躍しながら、俳優のようにドラマやテレビにどんどん出演をしています。一方で、「太っていて、ブサイクで、面白い」ことを売りとしている芸人も役者として活躍しています。
私は、お笑い芸人にはお笑いだけを追求して欲しい、という願いがありました。ですが、俳優として活躍する姿を見ていると、役柄がその芸人の個性にぴったり合っていたりするので、ドラマを見ていても楽しめることに気づきました。これから先、ますますお笑い芸人の活躍が様々な芸能分野でみられることになると思います。
私の祖母などに聞くと、「今の若いお笑い芸人はどれも一緒に見えて面白くない」ともいいますが、芸人の多様化も時代の流れであり、最近は面白いと思えるようになりました。
今日は、「日本のお笑い界」についてお話しました。
いかがでしたか?
それでは、みなさん、また会いましょう!
ユリのオーディオブログでした。

Kanji

Review & Remember All Kanji from this Lesson

Get complete breakdowns, review with quizzes and download printable practice sheets! Sign up for your Free Lifetime Account Now and get 7 Days of Premium Access including this feature.

Or sign up using Facebook
Already a Member?

14 Comments

Hide
Please to leave a comment.
😄 😞 😳 😁 😒 😎 😠 😆 😅 😜 😉 😭 😇 😴 😮 😈 ❤️️ 👍

JapanesePod101.comVerified
June 18th, 2009 at 6:21 pm
Pinned Comment
Your comment is awaiting moderation.

みなさん、こんにちは。

日本のお笑い芸人で、誰を知っていますか?だれか、お気に入りの芸人さんは、いますか?:kokoro:

JapanesePod101.comVerified
October 23rd, 2014 at 4:26 pm
Your comment is awaiting moderation.

bob-san,

konnichiwa!


It is a complicated sentence.

Actually, 20代、30代の新人たちが、日々デビューし続けては、消えて行く is one clause

where 20代、30代の新人たちが is the subject part and 日々デビューし続けては、消えて行く

is the predicate part. And this clause itself modifies the following part: 競争の激しい世界

(i.e. the clause is explaining what kind of "world" or "difficult-to-survive world".


ビートたけし、明石家さんま、ダウンタウンなど part gives examples of 斬新な笑いを生み出すお笑い界のトップ


The person who 憧れる is 20代、30代の新人たち

So, new comedians of 20s or 30s of their ages admire those top comedians, but they

come in, successfully debut and disappear almost on a daily basis.


Hope this helps!


Natsuko (奈津子),

Team JapanesePod101.com

bob
October 22nd, 2014 at 12:44 am
Your comment is awaiting moderation.

ビートたけし、明石家さんま、ダウンタウンなど斬新な笑いを生み出すお笑い界のトップに憧れて、20代、30代の新人たちが、日々デビューし続けては、消えて行く競争の激しい世界です。


I'm having trouble with this sentence.


[ビートたけし、明石家さんま、ダウンタウンなど斬新な笑いを生み出すお笑い界のトップ]

This is the object.


[20代、30代の新人]

Subject


日々デビューし続けては、消えて行く競争の激しい世界です。


At first I thought this part was expanding the previous portion of the sentence [[20代、30代の新人]but this seems to focus on the type of the world [世界」 instead of [ [[20代、30代の新人].

So is it a new sentence?

Thanks.

kabukiguy
January 22nd, 2010 at 6:46 am
Your comment is awaiting moderation.

I was looking forward to this blog, but it offers only a vague introduction to manzai, since it doesn't provide any details of the kind of humor the form deals with. Is it like Abbott and Costello? Martin and Lewis? Is it simply Japanese stand-up? How does it differ? Is it clean or is it off-color? Does it depend on puns, topicality, funny sounds, physicality? Is it storytelling or one-liners? The subject is a fascinating one since so little has been written about it in English; I'm hoping the next few blogs go deeper into the style and subjects of manzai (or owarai). A selective list of missing words that might be considered for the vocabulary link are: kankyaku, kakeai, uzu, kieru, kyoso, hageshii, kakehanareru, keiko, neta, katsuyaku, busaiku, yakugara, kosei, and sobo. And while neta is always written in katakana, it would be good to see the kanji for busaiku.

lulu
June 20th, 2009 at 2:00 am
Your comment is awaiting moderation.

:mrgreen: 滑稽 - think about what happens on a slippery floor :twisted:

仁居流
June 20th, 2009 at 1:40 am
Your comment is awaiting moderation.

I do not understand how the kanji 滑稽 can mean humorousness. Slippery thinking?

nazonatte69
June 19th, 2009 at 2:03 pm
Your comment is awaiting moderation.

僕は漫才などのことをよく知らなくて、なんとか外れる気がするが、日本にいた特、日本人の友達がYoutubeのリンクをよく返信して、ランダムなお笑い番組を見ていました。一つはどうやってshishkabobを作ったりどんな秩序を使ったりするかについて話してて、とても面白かったです。

Mayumi
June 19th, 2009 at 1:59 pm
Your comment is awaiting moderation.

「小島よしお」といえば、数ヶ月前にJPODのオフィスの前で、自転車に乗っている小島よしおを見ました!:mrgreen:

Naomi
June 19th, 2009 at 11:25 am
Your comment is awaiting moderation.

私も、お笑い大好きです。:kokoro: よく、深夜の番組をみます。

グエンーsan

島田 紳助は天才だと思います。:wink:

highbridge -san

えええええー。小島よしお???あ、おじいちゃんがブラジル人ですよね。:razz:

Jessi-san

タカアンドトシは私も好きです。:kokoro:

Deborah
June 19th, 2009 at 12:37 am
Your comment is awaiting moderation.

ユリさんの今日のオーディオブログはとてもよかったです!ぜひこうゆうオーディオブログ をもっと増やしてください!話題は何でも良いと思います。

Jessi
June 18th, 2009 at 8:17 pm
Your comment is awaiting moderation.

実は私は、お笑いが大好きで、毎週「エンタの神様」と「爆笑レッドカーペット」を欠かさず見ています :mrgreen: :mrgreen: 一番好きなお笑い芸人が陣内智則です:kokoro: ほかにNONSTYLE、タカアンドトシ、ジョイマン、オードリー、はんにゃも好きです:grin: